<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 満月がきれいだな | main | もう秋はすぐそこ >>
この週末にはそれぞれにそれぞれの人と
 マン・レイ展の、期待以上の格好良さにびっくり。
結果ではなく過程が創作活動には重要だったからか、いざ結果として残される一つ一つの作品には、それぞれにクオリティの度合いは違うけれど、結果を恐れずにとにかく自分のみたいもの、知りたいものに向かって、頭も体も人並み以上に使い尽くす格好良さ。
でもそれと同時に、そのあふれるような気持ちの中でも汗臭くなくて、瑞々しさや爽やかさを見せ付けられて、このバランスの良さにも、さらに瞼が細くなる。

キャタピラーも、角度は違うけれど、観て良かった。
ここに今自分がいるということが、どれくらい尊いか、自分の性が、果たすことや世にある価値について、まだまだ消化しきれない思いをたくさん預かる。
無責任なことは言えないし、示せないんだ。覚悟をもって撮った人に、覚悟を持って観る。
垂れ流しにしてはならない感情を、どこかで少しでも、整理しなければ。





















スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://wafers.jugem.jp/trackback/74
TRACKBACK